2018年08月27日

「シチズン」電波時計「Cal.7400」 国立科学博物館


  「シチズン(CITIZEN)」が1993年5月に発売したシチズン電波時計「Cal.(キャリバー)7400」画、独立行政法人国立科学博物館が選定する2018年度の重要科学技術史資料である未来技術遺産に登録される。

 標準電波を受信して時刻を合わせるシチズン電波時計「Cal.7400」は、世界で初めて日本・ドイツ・イギリス3局を切り替え受信する多局受信を実現。受信用アンテナのサイズが大きく、時計上面に配置しないと受信できないなどの制約を、上面中央にアンテナを配置するユニークなデザインに昇華し解決した。多局対応の電波時計の先駆けとして発売され、電波時計、衛星電波時計の技術の発展を支える礎となっている。

 2008年度から始まった未来技術遺産制度にはこれまで240件が登録されており、今回新たに19件が登録された。シチズン電波時計「Cal.7400」の未来技術遺産の登録は、シチズングループとしても初。 なお、未来技術遺産の登録証授与式は、8月28日に国立科学博物館で執り行われる。



Posted by イッキ at 11:46│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。