イッキのブログへようこそ!

2017年06月10日

しなやかで自然的な運動性などが強調されている

 椅子に座り背中を掻く踊り子。本作に描かれるのは、エドガー・ドガが1873年に一時的に滞在していたアメリカから帰国後、幾度も画題として取り上げた、バレエの踊り子たちが舞台上で稽古する姿である。

 舞台で踊る踊り子たち。ほぼ同内容・構図の作品『バレエの舞台稽古』が2点確認されている本作はグリザイユのようなモノクロームの色彩によって画面全体が支配されており、それ故、観る者は、対象の繊細な陰影や光の効果をより明確に感じることができる。

 出番を待つ踊り子らの自然な仕草。人物の構成においてもダンス教師や画面奥の椅子に寝そべる紳士の姿が消えており、結果として踊り子らの感情豊かな表情や仕草、しなやかで自然的な運動性などが強調されている。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。