2017年03月11日

我が子への強い関心を見出すことができる

本作はおそらくその時に制作された作品であると推測されており、画面中央に描かれた生まれたばかりの息子ジャンの無垢な姿には、我が子への強い関心を見出すことができる。

絵画作品として本作に注目すると、本作には明らかに印象派の先駆的存在エドゥアール・マネの影響を見出すことができ、特に高い視点からの平面的な構成要素の描写や、花柄のカーテンや乳母の帽子などに見られる大胆な筆触、そして幼子に付き添う乳母の身体の途中で切られた構図展開などは、その最も顕著な例としてしばしば指摘されている。さらに本作の大胆な構図には二本の浮世絵からの影響も有力視されている。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。